FC2ブログ

インテリアにまつわるあれこれが中心のブログです。

こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


いやぁ、毎日暑いですね
もうそれしか言うことない、って感じです 笑


お世話になっているカーテン屋さんから
輸入ファブリックのサンプル帳をお借りしました。


P8047355.jpg



イギリスのファブリックメーカー、Villa Nova
新ブランド Tisbury。


P8047356.jpg



ストライプやチェックがいっぱーい
メーター単価8000~9000円。
Villa Nova の中ではリーズナブルなお値段設定です。


P8047357.jpg



こういう生地感でこういうデザインのファブリック、
なかなか国内メーカーではないんですよね。
しっかりしているのでカーテン生地はもちろん、
椅子の張地にも使えます。


P8047359.jpg



どれをどう使おうか、考えるだけでワクワクします

いま、サンプル帳が私のところにありますので
(それだけでテンション上がる(笑))
ご覧になりたい方はいらしてください




カーテン・壁紙、単品のご相談も…

“Cozy Room”へ → Cozy Room HP



今日もご訪問ありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下のボタンをぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします
いつもとても励まされています!
ありがとうございます


スポンサーサイト



2015.08.04 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


ウィリアム・モリスといえば
19世紀の英国の思想家、詩人であり
近代デザイン史上に大きな影響を与えた人物です。
「モダンデザインの父」とも言われます。
“アーツアンドクラフツ運動”を主導したことでも有名ですね。

モリスが最も知られているのは
自然の樹木や草花などをモチーフにしたテキスタイルデザインで
今でも世界中で根強い人気です。


例えば・・・

「フルーツ」
img_0.jpg



「ヴァイン」
va.jpg




「いちご泥棒」
strawberry_thief_4.jpg




モリスがデザインしたファブリックや壁紙は
日本でもマナトレーディングさんなどが扱っています。
英国調やクラシカルテイストのインテリアにぴったりです。

私の場合、自宅のインテリアテイストも違うので
モリスのカーテンや壁紙を自ら使うところまでは行かないんですが
やはりそのデザインや色合いには惹かれるところがありまして
地味にファンやってます、って感じです。



ちなみにこれは、10年前くらいに
某カーテンショップのイベントで作ったテーブルランナーです。
手縫いでちくちくしました。

P6106870.jpg

モリスの「ウィローボウ」ですね。



数年前にはモリス展に行きまして
コーヒーカップを買いました。

P6106871.jpg




「いちご泥棒」は、そういや、
ブックカバーも使ってたね。

P6106872.jpg




用途がはっきりしないまま買って
そのまま持っている、ハギレ。
名前忘れましたけど、色合いが好き。

P6106873.jpg




イギリスに住んでいた頃には
モリス記念館みたいなところにも行ったことがあります。
やっぱり結構好きなんですね!(#^.^#)


最近、お客様にモリスの壁紙をご提案する機会がありまして
むふふ、と地味にテンション上がってます
お部屋の壁全部コレだとアレですけれども
一面だととってもいいアクセントになりますよね。
私はモリス押し。
モリスに決まるといいなぁ、って人の家なのに 笑


ま、なんにしましても
お客様が、“心トキメク空間”を
お客様と一緒に作っていくことが
私の喜びであります


なんだかちょっと、ブログに不具合が
生じているようです。
やっと修正完了しました




単品でもお気軽にご相談ください。
“Cozy Room”へ → Cozy Room HP



今日もご訪問ありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
お手数をおかけしますが、
下のボタンをぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします
いつもとても励まされています!
ありがとうございます

2015.06.10 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


前回記事の続きで、多目的ルームの新しいウィンドウトリートメント
について、ご紹介します。


P8055556.jpg




多目的ルームには2つ窓があります。
以前のシリーズ記事、ウィンドウトリートメントABCの③ でご紹介した
こちらの窓です 


P4085169.jpg



こんな風に、厚手生地のプレーンシェードが木枠に、
レースのシェードが枠の内側についていました。

P4085164.jpg



そこに今回あらたに追加したのが、遮熱ロールスクリーンです。

(メーカーHP)
https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/category/rs/soph/about_sophy/point05.html
ちなみに我が家のものは、スヴィエ遮熱 N6297です。
熱は遮っても自然光の明るさは取り込みたいので、白にしました。



詳しい商品説明は、こちらを参考にしてください。





多目的ルームは、南の角部屋で、
これまで夏は、厚手シェードを下していても、
太陽熱が入り込んですごい暑さでした!

リビングと一続きの6帖のこの部屋に、
夏の数か月だけのためにエアコンをつけるのもどうかと思い
エアコンはリビングにしか付けていません。
真夏はとても暑くなるので、リビングの冷房効率を上げるために、
これまではリビングとの境の戸を閉め切っていました。
でも一部屋使わないのはもったいない!ということで、
遮熱ロールスクリーンをつけることにしたのです。

作業としては、レースシェードを一度外して、
木枠の奥側(窓に近いところ)に遮熱ロールスクリーンを取り付け、
さらにその手前に、もともと付けてあったレースシェードを付け直したのです。

ブラケット(取り付け金具)の配置は、このようになっています。
木枠奥側に、ロールスクリーンのブラケット、
(写真では、そこにロールスクリーンが取り付けられた状態になっています)
その手前にレースシェードのブラケットがついています。
木枠正面についているのは、厚手シェードのブラケットです。


P7305535A.jpg




もちろん木枠の奥行を測って、大丈夫だと確認してからオーダーしたのですが、
取り付け終わるまではちゃんと2つ収まるのか、心配でした。
無事に収まって、ホッ



これは、レースシェードのみ下した状態。
洗濯物が透けてる 笑

P8015542.jpg



次は、ロールスクリーンのみ。

P8015541.jpg



最後は、レースシェードとロールスクリーン両方。

P8015540.jpg



…とまあ、両方とも白なので、見た目はそう変わらないのですが 笑
でも、省エネ効率36%UPと、メーカーがうたっているだけあって、
部屋の温度が全然違います~!

これまではせめて厚手シェードで熱を遮ろうとしていましたが、
暑くてとてもこの部屋にはいられませんでした。
でも、これを取り付けてからは、日中も厚手シェードは上げっぱなしで、
この部屋でパソコン作業をしたりできるようになりました。


遮熱ロールスクリーン効果大 です


ちなみに我が家はエアコンは、リビングと寝室の2台だけですが、
扇風機は4台あります(なんと、家族の人数より多い 笑)

アイリスオーヤマのサーキュレーターで
リビングのエアコンの下からガンガン冷気を飛ばし、

P8225677.jpg


リビングと多目的ルームの境目にあるDC扇風機で
さらに奥へと冷気を飛ばしまくる

P8225681.jpg


これでも結構冷えます。設定温度は28~30度です。
寝室でもエアコンはほぼ使わず、夜も扇風機のみ。
我が家の扇風機、フル稼働です


こんなに効果があるなら、現在3枚のウィンドウトリートメントが存在している
リビングの掃き出し窓にも、遮熱ロールスクリーンをつけたい~
けれどもさすがに4層になってしまうので、それはやめておきます


ロールスクリーンは、ニチベイのほか、タチカワブラインドやトーソーといった
各メーカーから遮熱率の違うものが数種類ずつ出ていますので、
ショウルームで確認して、お好みのものを見つけるといいと思います。
操作方法もいろいろあるので、取り付け場所に合ったものをセレクトしてください。

ショウルームではサンプルをいただけるので、家で透け感などを確認し、
窓を採寸してネットで注文、取り付けも比較的簡単にできます。
(とは言え、木枠が意外と硬くて
ドライバーの他に電動ドリルも使い、汗だくになりましたが)
それが一番リーズナブルな方法ですが、
採寸や取り付けはハードルが高いということであれば、
それも任せられるショップで注文することもできます。

ご参考までに、私が注文したのは幅140cmと165cmくらいで、高さは91cm、
2台の合計金額は送料込みで36,000円弱でした。
注文したお店はこちらをポチ  

地域によっては長雨が続いて、
関東でも天候が不安定で秋の気配もちらほら。
でも残暑はまだ続きます。
冷房効率を上げて、エコに快適に、乗り切りましょう


今日も読んでくださってありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
下の画面をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村


「読んだよ~」の拍手も、よろしくお願いしま~す

2014.08.25 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


またまたウィンドウトリートメントの話題ですが…(笑)
どんだけファブリック好きなんでしょ(汗)

先日ご紹介したTOSOの新作発表会で、
デザイナーさんが四季をテーマにスタイリングしたコーナーがありましたので、
ご紹介させていだきますね。


まずは春のイメージ。
P5225298 - コピー

テーマは『春を呼び込むダイニングルーム』だそうです。
一部に柄を取り入れたバーティカルブラインドと、
春らしい雰囲気のカーテンの取り合わせが素敵ですね


次は夏。
P5225299 - コピー

テーマは『リビングデッキで過ごす夏』。
ロールスクリーン×カーテン。
白系でまとめて爽やか~
小物もオシャレですね~!


3番目は秋。
P5225301 - コピー

『秋の月あかりが差すパウダールーム』。
オフィスっぽいイメージのアルミブラインドも、
こんなキュートな色でカーテンとコーディネートすると、素敵ですね♪
ブラインドの外には、うさぎのウォールシールが貼ってあります。
棚の下にはピクチャーレールを使って、タオルがかけてありました。


そして最後は、冬をイメージした窓スタイリングです。
P5225304 - コピー

テーマは『なごみの冬のプライベートルーム』。
カーテンの外にはハニカムスクリーンという、
断面がハニカム状になったプリーツスクリーンを使って、
しっかり断熱を考えたスタイリングになっています。
タッセルもコロンとしていてかわいい~♪
こんなお部屋でほっこりしたい~


というわけで、窓辺で四季を感じられる、楽しい企画でした。
こんな風に季節によって、ウィンドウトリートメントを変えられたら、
楽しいですけどね~
実際にはなかなか難しいので、小物を入れ替えるくらいでしょうか?


今日も読んでくださって、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
下の画像をぽちっと押して応援してくださると、嬉しいです

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

拍手もよろしくお願いしま~す

2014.05.29 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


連載の締めくくりは、マナトレーディングさんのご紹介です。
各国の有名ファブリックメーカーの商品を扱っています。


ショウルームは、フツーのオフィスビルの4階です。
P5225340 - コピー



ジム・トンプソンのファブリックが迎えてくれます。
P5225333 - コピー



ショウルームは素敵なファブリックでいっぱい。
海外取り寄せ品は、納期に数週間かかることがあります。
P5225338 - コピー



素敵すぎて、ディスプレイを観るだけで鼻血が出そうです
P5225334 - コピー



P5225335 - コピー


P5225337 - コピー


壁紙も取り扱っています。
P5225336 - コピー




インテリアコーディネーター御用達のショウルームですが、
もちろん一般の方でもオーダーすることができます。
たしか年に2回ほど、端切れセールもやっているはずので、
お試しにはいいかも


さて、輸入ファブリックは確かに素敵ですが、
カーテンなどをオーダーすると高いんでしょ?って思いますよね?

そうですね、やっぱり高いものが多いです
正直、なかなか手が出ません…
でも、予算的にカーテンが無理でも、まずは
クッションカバーをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

たとえばメーター1万円の生地を1メートル買って
40センチ角のクッションカバーが3個できたとします。
(生地によっては45センチ角2個の場合もあります)
加工代が1個2000円だったとすると、
クッションカバー1個につき5000円少々になります。
(ちなみに加工代はマナさんでは個々に見積もりが必要とのこと。
IDEEショップでは40センチ角で1500円とのことでした)

市販のものよりはちょっと高めかもしれませんが、
気に行った生地でオーダーのクッションカバーが2~3個できると思えば、
悪くないのではないでしょうか。

そしてクッションの中から1色を取って、
ウィンドウトリートメントなり壁紙なりを選べば、
素敵にコーディネートされた部屋になります

特におススメなのはペイントです。
なぜなら無限のカラーバリエーションがあるから。
以前ご紹介したカラーワークスさんには、1488色のバリエーションがあり、
さらにそれらをブレンドして新しい色を作ることもできます。

普通、お部屋のコーディネートを考える時、小物は最後になりがちですが、
小物からスタートするお部屋づくりがあってもいいと思います。


<おまけ>
マナトレーディングさんに行く時は、帰りに必ず寄るのがBALS
P5225341 - コピー



だいたい何を買うわけじゃないんですけど、ぐるりと観て回るだけでも参考になります。
小物のセンスなど、たまらなく好きです!
ギフトにも適したアイテムがたくさんあります。
P5225342 - コピー



というわけで、全9回の連載はこれでおしまいです。
カーテンその他のウィンドウトリートメントを選ぶ際の、
参考にしていただければとても嬉しいです。
読んでくださって、本当にありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
下の画像をぽちっと押して応援してくださると、嬉しいです

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村

拍手もよろしくお願いしま~す

2014.05.26 / Top↑