FC2ブログ

インテリアにまつわるあれこれが中心のブログです。

こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


今日は私のクローゼットと、そこで活躍している
IKEAの小さなLED照明器具をご紹介します。


これは、昨年のリフォームで増設した、
寝室のクローゼットです。
三枚引き戸で、内部も三分割されています。


P8204815.jpg



もともとここは壁でした。
この向かい側にもクローゼットがあるんですが、
奥行きと高さがあまりないので、
収納量がイマイチなんです。

収納を寝室に集中させたかったこともあり、
隣の部屋からスペースをもらって
新たにクローゼットを作りました。
奥行は55cmで平均的なクローゼットサイズですが、
天井までの高さがあるので大容量でとても使いやすいです。

服やバッグ類のほかに掃除機、ミシンなどの家電類、防災グッズ、
オフシーズンの布団類やひな人形などの季節用品も入れるための
押入れも兼ねた収納になっています。


その三分の一が、私の洋服の置き場です。


P9275915.jpg


まだまだ要整理なのですが…
上のハンガーパイプはオフシーズンの服や丈の長い服用。
下のパイプにオンシーズンの服を掛け、
プラケースにはオンシーズンの服をたたんで入れ、
その上の空きスペースには、テニスグッズを置いています。

オフシーズンのたたむ服は、別の場所にあります。


この収納に使っているのが、IKEAのこの照明器具。
クローゼット用のOLEBYです。


P9245903.jpg



これを、クローゼット内部の天井に、付属の両面テープでつけています。
人感センサー付きなので、ドアを開けると自動的に点灯します。


P9275917.jpg



これがあると、部屋の電気をつけなくても、暗い中でも、
クローゼットの中の服を出し入れすることができるので
とても重宝しています。


P9275919.jpg



こんな感じです。
とても便利なので、靴箱にもつけちゃいました。



P9275920.jpg


靴箱を開けるとパッと明るくなるので、靴が探しやすい~



ちなみに私のクローゼットの隣はこのようになっていまして、


P9285923.jpg


バッグ類はS字フックにかけてます。


P9285925.jpg


コートの季節になったら、バッグの隣のスペースにコートを移す予定です。
上部の棚に季節用品をきっちり収納するのも、
パズルを解くような感覚で、私は好きなんです


IKEAの小さなLED照明器具でとっても便利な物、
他にも2つあります。
次のブログでご紹介しますね!


今日も読んでくださり、ありがとうございました


ブログランキングに参加しています。
下のボタンや画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村



読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします


スポンサーサイト



2014.09.30 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


7・8月とお休みだった、荒井詩万先生のインテリアレッスン。
昨日は久しぶりに参加してきました。

今回のテーマは“照明計画レッスン”。
なんとなく知っているようなことでも、
先生の説明は本当に秩序立っていて、スコーンと頭に入ってきます。

知らなかった照明器具メーカーについてもいろいろ教えていただき、
とっても勉強になりました。
たとえばシャンデリアと一口に言っても、テイストから価格まで本当にさまざまで、
どんなお部屋に合わせようか、考えるとワクワクします♪

どこにどういう灯りを配置するかという“配当計画”にも、
いろいろな考え方があって、興味深いです。
高木英敏さんの著書、『美しい住まいのあかり』
是非読んでみようっと。


さて、お待ちかねのティータイム

P9265907.jpg

な、な、なんと、マカロンスタンドってあるのご存じでした~???
20個用とかあるらしいですよ!
こちらはフランスのERCUISのものでした。




P9265908.jpg


このチーズ&トマト、おつまみやオードブルにもいいですね!




P9265912.jpg


チーズが絶品でした
Apetina という瓶入りのものです。探してみよう。




P9265910.jpg


シュークリームも、エッフェル塔のペーパーナプキンも、
テンションでした!



テンションが上がり過ぎて、先生のお宅の照明器具を取り忘れました 笑
探したら、以前のレッスンの時にたまたま撮っていたのがありました~


P4225243.jpg


PH5のホワイトです。
やはり圧倒的な存在感ですね!
いま、PH5専用のLED電球があるんですね。



そして、夏休みにフランスにご旅行されていた先生から、
なんと、私たち一人一人にお土産が~


P9265913.jpg


こりゃあテンションMAXですよね~


先生、今回も素敵な時間を、ありがとうございました
来月も楽しみにしています。

荒井詩万先生のブログ 



今日も読んでくださり、ありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
下のボタンや画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村



読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします


2014.09.27 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


先日ご紹介したリビングダイニングの照明器具。

P9055822.jpg


合計9個の器具のうち、
LED電球使用のものが7個です。


白熱灯系のものは、今回購入したダイニングのペンダント照明と

P8105587.jpg



観葉植物を照らすスポットライトの電球1個のみ。

P9185886.jpg


ダイニングのペンダントには、
ハロピンランプという小さな電球が使われていますが、
いまのところこの大きさのLED電球が開発されていません。

スポットライトの方は、壁に映るグリーンの陰影を強く出したいため、
あえて白熱灯系のダイクロハロゲンという電球を使っています。
ここは普段はあまり点けないところなので、エコよりも雰囲気重視で…。


P9175884.jpg




LED電球はこの数年で大きく開発が進み、
種類も増えたし、価格もぐっとお手頃になりました。
消費電力が格段に少なくエコで経済的、
ランプ寿命も長く、熱も発しない電球なので、
家庭でも出来る限りLED電球を使いたいところです。


リビングでメインの照明として使っている
ルイスポールセンのコラージュ450。


Collage-450-Snow-White.jpg
こちらも買った当時は適合するLED電球がなかったので、
最近まで60Wの白熱灯を使っていましたが、今は80W相当のLEDです。
60Wではさすがにちょっと暗かったですが、明るくなりましたし、
しかも最初の写真でわかるように、天井までしっかり明かりが回っています。
これが大事!印象が全然違うんです。
以前は真下しか明るくならないLEDが多かったんですよね。


スポットライト用のLEDにしても、出始めた当時は種類も少なく、
価格も1個4~5千円くらいしていたと思いますが、
今は種類も増えて、1個1000円前後からあります。
私も、器具から光が透けるタイプと、透けないタイプを
場所によって使い分けているんですよ。

P9185887.jpg

光が透けるタイプは器具の周り全体が明るくなるので華やかな印象に。
今はこちらしか作っていないメーカーもあるくらい、主流です。


P9185888.jpg

器具の前だけから光が出るタイプは、
対象だけを照らして器具の印象を抑えたい場合に便利です。
これは一昔前のもので…高かったです



私は電球が外に露出しているタイプがシンプルで好きですが、
もちろんセードで電球がカバーされているタイプも一般的ですね。

nnn00511w.jpg



ちなみに、スポットライトの使い方ですが、
床に向けて照らすよりも、壁を照らした方が
部屋全体を明るく見せる効果が高いんですよ


IKEAでもLED電球を取り扱っていますね。
フロアスタンドなどに使っています。
LED電球は白熱球に比べて重量があるので、
ネジをしっかり締めないと、首がガクンとなってしまいますが、
白熱球と違って熱くならないので助かっています。

P9055853.jpg


以前は家じゅうの電球をLEDに替える、なんて
とてもお金がかかってしまって、なかなかできないことでしたが、
開発が進んだおかげで、それも可能になりましたね~。

特別な理由がなければ、選べるときはLEDを選ぶ
それがいま正解みたいです!


今日は少しマニアックなお話になってしまいました。
お読みくださり、ありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
下のボタンや画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村



読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします

2014.09.19 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


今日は、ご縁あって内装のお手伝いをさせていただいている、
東京初のワイナリーのご紹介をさせてください。

その名も東京ワイナリー
所在地は練馬区大泉学園です。

P9095863.jpg


“東京の農業を元気にしたい”
“東京産のワインを東京23区内から発信したい”
というオーナーの越後屋美和さんの思いからスタートしたワイナリーづくり。
小さいながらも醸造から販売までを行うこのワイナリーは、
すべてが手作り感に溢れています。

もとは新聞の集配所だったこの店舗。
全面改装することにしたものの、建築時の設計図も存在せず、
畳や床をはがしてみないと基礎がどうなっているのかわからない、
といった状態からのスタートだったそうです。
予算の関係で最小限の工事とオーナーご夫妻のDIYで、
ここまで出来てきました。


P9095858.jpg



お店のロゴがカワイイ♪

P9095860.jpg


越後屋さんの高校時代の同級生であるYさんは、
私の町田インテリアアカデミー時代の同期で、
プランニングの初期段階から関わっています。
彼女からのお誘いで、私も家具や照明器具選びなどに
関わらせていただくことになった、という経緯です。

私は先日初めて現場に伺いましたので、レポートします。


P9095870.jpg


ここはお店のスペース。
ワインや、ちょっとした輸入ワイン雑貨の販売と、
ちょっとした試飲ができるスペースを作ります。
ディスプレイ用にテーブルを探していたのですが
奇跡的にいい感じのアンティーク家具が譲ってもらえたとのこと!
家具配置などのイメージが大分出来てきました。



P9095880.jpg


店舗から窓越しに覗けるようになっているこの部屋は、
ワインを醸造するところ。
4種類のワインを同時に醸造し、それぞれ750本分ほどができるのだそう。



P9095877.jpg


隣の部屋では瓶詰めを行います。
機械で計測して一定量のワインを詰めたボトルに、
蓋をしてシールをする作業です。



P9095878.jpg


これは収穫したブドウをすこしだけ潰して
枝などを取り除いてくれる機械だそう。
赤ワインは皮や種をつけたまま発酵させ、
白ワインは果汁のみを発酵させて作るんですってね!


ちょっと社会科見学気分で楽しかったです~
都内で収穫される高尾という品種をメインで使うそうですが、
ブドウがワインになっていく過程を見るのは面白そうだと思いました。

酒造免許の認可が下り次第、仕込みに入り、
12月頃からワインを販売したい、とのことでした。

私は越後屋さんに初めてお会いしましたが
ゼロから新しいものを作ろうという情熱に感動を覚えました
Yさんも、もともと面倒見のいい頑張り屋さんですが、
きっと彼女も元同級生の情熱に突き動かされて
生後8か月の赤ちゃんを抱えながらも一生懸命協力しているんだと思います。

こんな素晴らしいプロジェクトのお手伝いができて、とても嬉しいです!
今後はディスプレイが得意なアカデミーの同期も
巻き込んでやっていけたらいいね、と話しています。
内装に回せる予算はかなり限られているのですが、
きっと素敵なお店ができる予感がしています


ワインのラベルデザインひとつを決めるのにも、
自分の思いやイメージを形にしたい…と、オーナーは真剣です。
すべてが手作りの“都産都消”のワイナリー。
西武池袋線の大泉学園駅から徒歩約10分です。
またブログでもご紹介しますので、
オープンしたらぜひ足を延ばしてみてくださいね。


P9095867.jpg

お店のHP → 東京ワイナリー



最後まで読んでくださってありがとうございます

ブログランキングに参加しています。
下のボタンや画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村



読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします
2014.09.12 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


我が家のダイニングにルイスポールセンの照明がやってきてから
ちょうど一か月経ちました。

以前にも記事にした、トルボー120です







以前書いたように、ダイニングにはデメリットか?
と思われた点もいくつかあり、迷いましたが、
やっぱりこれにして大正解でした~


P8105586.jpg


なんといっても色がめちゃくちゃカワイイ
セードは“ミスティブルー”、コードはパープルの組み合わせです。

角度とか光の当たり方によって若干色が違って見えますが、
上の写真だと奥側の色が実際に近いかな。


P8105587.jpg


偶然ですが、5年くらい前に買ったファブリックボード
(これはお手製ではありません)とも、色がバッチシ合っています。


光源が白熱灯系なので、夏は暑いかな、と少し心配していました。
もしどうしても暑かったら、これは夏はオブジェとして飾って、
実際の明かりはLEDのスポットライトで採りましょう、
とまで覚悟して購入したのですが、
実際には真夏でもそれほど熱をを感じることはありませんでした。
すごく暑いときは、室内ではクーラーをしていますしね。


明るさも足りるかな、と思っていましたが、
テーブル面から70cm上がったところに
40ワット×2灯=80ワットで、まったく問題ありませんでした。
我が家の場合、ダイニングにキッチンやリビングが近く、
周辺からの明かるさも取り込めることもあり、
食事はもちろん、ダイニングで書き物などの作業をしても
暗さを感じることはありません。
すごーく明るいのが好き、という方はわかりませんが、
普通なら大丈夫。


ちなみに、我が家のリビングダイニングの照明は
このようになっています。

P9055822.jpg


去年のリフォームで、3本のダクトレールを天井に直付けにしてもらいました。
大きなシーリングライトで全体をまんべんなく照らすのでなく、
必要なところに必要な明かりを複数配置する方式、
それを“一室多灯”といいます。
ちょっと解説を加えると、下のようになります。


P9055822-2.jpg



ちなみに、⑤のフロアランプ以外の照明を全部つけた場合の
ダイニングの様子は、下の写真のようになります。


P9055843.jpg



直接光が当たるところと当たらないところで
陰影のメリハリがありつつも、
明るく、華やかな印象のお部屋になります。


一方、他の灯りを消して、ダイニングの照明だけにすると
こんな感じ。


P9055844.jpg


器具自体が光らずテーブル面だけが照らされるので
落ち着いたレストラン風になりますよね。
私はどちらも気に入っています。
時間帯やTPOに合わせて、必要な照明を灯す。
それが一室多灯の考え方です。

夜遅い時間には、リビングもダイニングも照明を消して、
フロアランプだけつけてテレビを観ていたりします。
夜、人間の活動が抑制されるのに合わせて、
部屋の明るさも少しずつ落としていくと、
ぐっすり眠りにつけると言われています。


ああ、大好きな照明の話をすると止まらない
私って、照明オタクかしら?
次回ももう少し、照明についてお話しさせてください。

本日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
下のボタンか画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村



読んだよ~、の拍手もよろしくお願いします
2014.09.09 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


今日は我が家のコーヒーコーナーをお見せしちゃいます。

キッチンの近くにあって、なかなか使いやすいこの場所。
コーヒー好きの夫のお気に入りです。
そして実は、いろいろな工夫が詰まったコーナーでもあります。


P8055568.jpg


コーヒーメーカーや豆を挽くためのミルサーを
キッチンの限られたスペースに置くのはいやですし、
食事の準備をする私と、コーヒーを淹れる夫が
同時にキッチンに立つと、やはり狭いのです…。

そういうわけで、動線を考えてこのスペースを作りました。
家族のマグカップなども、ラタンボックスに入っています。

このコーナー、私の書棚も兼ねてます。
置いてあるのは、レシピ本やインテリア雑誌などの実用書が中心。
レシピ本はキッチンの近くにあると便利ですよね。
物は使う場所に置く、が整理収納の基本です。


P8055564.jpg



棚は、もともと子供部屋で使っていたカラーボックスです。
ちょうどスペースにぴったりだったので、採用しました。

あ、向かって左端に置いてある、黒いトレイ、
と、言っても何かの蓋だったものですが、夫の私物置き場です。
リビングに入ってすぐのところにあるこの場所に、
時計やらキーケースやら携帯やら眼鏡やらを、
外から帰ってきた時に、さっと置いてもらうことにしました。
このトレイのおかげで、夫の「○○はどこ?」が激減しました!


コーヒーメーカーは Vitantonio のものです。
タイマーが付いているので、朝イチでコーヒーが飲めるところがポイントだそう。


P8225690.jpg



私は夫ほどコーヒー派ではないので、
コーヒーを淹れるのはもっぱら夫ですが




P8055570.jpg


隣に見えているのは、娘の部屋のガラス戸。
裏側からシール?を貼っています。
夏も終わりなので、貼り換えないとね



今日もお読みくださって、ありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
下の画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村


「読んだよ」の拍手もよろしくお願いします


2014.09.04 / Top↑
こんにちは。模様替えコンシェルジュのkay-coです。


今日から9月ですね!
娘の学校も始まったことだし、
私も新たな気持ちでスタートしたいと思います

いま、ミセス美香さんの新刊本を読んでいまして、
同じ(?)整理収納アドバイザーとして、
私などとても足元にも及ばない徹底した姿勢に
雷に打たれたようなショックを受けております…。





素敵なインテリアはまず物を減らすことから。
ミセス美香さんのレベルにいきなり到達するのは難しいですが、
同書はハウスキーピング協会の提唱する整理収納の考え方の
エッセンスが詰まった、いい実用書だと思います。


涼しくなってきたし、私も初心に帰って(?)
整理収納のステージを1段上げようと決意!

早速昨日、ちょっと時間が空いたので、玄関収納を見直してみました。
以下、靴箱の収納を公開します。

我が家の靴箱は4段。
この下にもう一段あり、スリッパやビーチサンダルを収納しています。
ロングブーツなどは別の場所に入れています。

1~2段目は私と娘の靴(ほとんど私ですが…)
3段目は夫の靴(一部娘の)です。
右側の袋に入っているのは夫のゴルフ・テニス用シューズです。


P8315792.jpg



これまでは、靴箱の中に突っ張り棒、という方式で、
靴の収納量を増やしていたのですが、
この便利な靴収納グッズ、実はお客様に教えていただきました
もしかしていまやこれって常識!?
いや~、ちょっと日本を留守にしているうちに(?)
いろいろな便利グッズが出ているのですね~


スリムタイプ



男性用の靴はこっち



収納場所に対して、2倍の靴が収納できます。
取り出しに1ステップ余計に必要ですが、収納場所が少ない場合におススメです。
最初は6セットずつまとめてネットで購入しましたが、
近所のホームセンターでも見つけたので、ちょこちょこ買い足しました。


スニーカーやサンダルなど、
毎日のように履く数足分だけは靴箱の下のスペースに置いています。


P8275723.jpg




読者の方から、収納を見せてほしい、というご要望がありましたので、
まだまだ発展途上ではありますが、
これから少しずつご紹介していけたらと思っています。

我が家はまだまだ物が多い方ですが、
美しい家を目指して、少しずつ頑張っていきます


今日もお読みくださって、ありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
下の画像をぽちっと押して、応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村


「読んだよ」の拍手もよろしくお願いします

2014.09.01 / Top↑